Twister BKK ツイスターバンコク

★BGnet メニュー

BGnet バンコク ゴーゴーバー情報


 *ゴーゴーバー[リスト, 地図]
 *掲示板, 画像ブログ, ランキング, ピンポイント地図個別一覧


PGnet パタヤ ゴーゴーバー情報


 *ゴーゴーバー[リスト, 地図], ソイ6地図
 *掲示板, 画像ブログ, ランキング, ピンポイント地図個別一覧


★過去情報は掲示板55ちゃんツイスターバンコクから

 2018/10 バンコクバニーズ跡にオープン。
 ソイカウボーイ人気ナンバーワンのバカラでさえ持て余し、経営を放棄した広すぎる店内。
 ナナプラザで最も勢いがあるツイスターバーが運営することになった。
 経営交替は秘密裏に行われ、新店名を掲げたのは10月末。
 とりあえず、嬢レベルは高いがスカスカ感が漂う。


【日時】
 2018/11/1(木) 20:50
【ダンサー数】
 目視49人
【レポ】
 伝票番号22番。
 嬢レベルの高さと嬢数で人気店となったツイスターバー。
 勢いに乗ってバンコクバニーズを買収し、ツイスターバンコクをオープンさせた。
 人気店「ツイスター」の名前を利用したかったのだろうが、ややこしい。

 メインステージの配置は同じ(外ステージを除く)。
 トップレスがいる左ステージだけ旧バンコクバニーズレベルの嬢が並ぶが、センターと右ステージはツイスターバーレベルの若いコヨーテ系が並ぶ。
 センターステージの大型スクリーンの裏には、地味なトップレス嬢がいるバスタブステージが残っていた。
 店内広すぎなので、50人程度の嬢数ではスカスカ感が漂う。

 嬢以外に目立ったのは、ツイスターバー人気ナンバーワンのサービス。
 彼女で客を呼び寄せる作戦かも。


【日時】
 2018/12/7(金) 22:15
【ダンサー数】
 ボード確認66人
【レポ】
 伝票番号98番。
 モニター裏のバスタブや奥ステージは無人。
 モニター前ステージのトップレス嬢は非常に厳しいレベル。
 メインステージには並以上のコヨーテがいた。

 本家ツイスターバーの人気サービスは見当たらず。
 連れ出されたのか、本家に戻ったのか、ただの休みかわからない。


【日時】
 2019/1/20(日) 21:10
【ダンサー数レポ】
 センターステージに9人、トップレスステージに5人。
 レベルも厳しく、入店回避。


【日時】
 2019/4/20(土) 20:55
【ダンサー数】
 目視65人
【レポ】
 2チーム。 バスタブ嬢を含め、トップレスは17人。
 シングルステージを除き、4ステージフル稼働なので、この嬢数でも左ステージ以外はスカスカ感が漂う。

 贅肉のない体をした見覚えのある嬢がいた。
 しかし、顔はスパンキーズにいるマイケルジャクソン似、乳はシリコン満載。
 醜悪過ぎて、どこの誰だか思い出せない。


【日時】
 2019/5/25(土) 22:05
【ダンサー数】
 目視90人あまり
【レポ】
 伝票番号85番。
 1チーム目は奥から10人、13人、25人。 さらにバスタブ2人。
 こちらも現時点では勝ち組ゴーゴーバー。
 若さがあり、レベルはさらにアップ。

 広いゴーゴーなので、この嬢数でもやや物足りない。


【日時】
 2019/6/28(金) 21:55
【ダンサー数】
 目視80人ほど
【レポ】
 伝票番号57番。
 奥ステージはクローズ。
 嬢が80人いても奥ステージまであるとスカスカ感が強かったので、閉鎖した方が良い。

 今日のレベルはイマイチ。
 変身前のキングスキャッスルやレインボーから追い出されてきたような嬢もいるし、まあまあレベルの嬢もいる。


【7/21(日) ツイスターバンコクの一部がLB店(ニュー)ブードゥーに逆戻り】
【レポ】
 現時点では真正女もいるが、レディボーイが多数。
 BGnetのゴーゴーバーリストには旧ブードゥー同様、掲載されない。
 ツイスターバンコクは真正女のみ。

 写真はBGnetブログ
 https://bgnet-bangkokgogos.blogspot.com/2019/07/721-lb.html


【日時】
 2019/7/30(火) 22:25
【ダンサー数】
 目視55人位
【レポ】
 伝票番号175
 昨年の11月がかなりのレベルだったので期待して来たがガッカリレベル約5分で退散。
 客は15人程。入って右側ステージは黒のカーテンでクローズ。


【日時】
 2019/10/6(日) 21:30
【ダンサー数レポ】
 全員オンステージ中で、センター30人ほど、右8人。
 客入り悪し。


【日時】
 2019/10/25(金) 22:30
【ダンサー数】
 目視70人以上
【レポ】
 伝票番号115番。
 奥ステージは待望の全裸嬢、同じく奥エリアには全裸シャワーブースが誕生。
 いつもガラガラだった奥エリアにも客が入っていた。 分かりやすい。

 最近復活し始めたナナプラザのノーパン嬢。
 他は暗くてマン毛の有無くらいしか確認できないが、ここは明るくてバッチリ。
 はみ出した小陰唇の皺まで見える。
 次はバタフライズのバスタブ嬢に期待。


【日時】
 2019/10/26(土) 19:55
【ダンサー数】
 目視20人
【レポ】
 伝票番号8番。
 昨日の印象が良かったので、今日は時間潰しを兼ねて早い時間に訪問。 しかし、早過ぎた。
 全裸嬢は着衣だし、嬢は少ない。 シャワーブースは無人。 レベルはまあまあ。


【日時】
 2019/11/16(土) 22:00
【ダンサー数レポ】
 3ステージ上には計21人。
 レベルイマイチで入店回避。


【日時】
 2019/11/21(木) 21:25
【ダンサー数】
 目視47人
【レポ】
 伝票番号63番。
 この時間なのに嬢数が少ない。
 絶対数は多いのだが、店内が広すぎるので。

 老ファランが元サービスの小柄な嬢をドリンク指名した。
 嬢は何が気に入らなかったのか、5分もしないで、半分も飲まずに席を立った。
 雰囲気からして性悪嬢かも。

 バタフライズのスレンダーバスタブ嬢がトップレスステージにいた。
 やけにテンションが高い。 大丈夫か?


【日時】
 2019/12/20(金) 21:45
【ダンサー数】
 目視70人ちょっと
【レポ】
 伝票番号63番。
 全裸はバスタブ、シャワーブース、奥ステージに計14,5人。
 トップレスはバスタブ、中ステージ、奥ステージに計20人ちょっと。
 露出度の高さはナナプラザでトップ。


【日時】
 2020/2/16(日) 21:45
【ダンサー数】
 目視50人近く
【レポ】
 伝票番号86番。
 ステージ上の嬢が多いので着席したものの、全員オンステージの最中だった。

 全裸嬢はシャワーブース、バスタブ、右ステージ計で10人ほど。
 今日の全体的なレベルは微妙。


【嬢数バンコクナンバーワン】
【日時】
2020/7/17(金) 20:55
【ダンサー数】
目視71人
【レポ】
伝票番号22番。
右奥部分との境は壁。
何度も書くが、広過ぎバーなので仕切ったままの方が良い。

メインステージ以外に前列と後列のサブステージ、バスタブステージ、テーブルステージ2つとある(この日はシャワーブースは無人)。
どこに座っても全ての嬢を見ることは不可能。レベルは並以上。
トップレスは全部で18人。

レインボー系と異なり、ファランを中心に常時10人ほどの客がいた。


【連日の訪問】
【日時】
2020/7/18(土) 20:55
【ダンサー数】
目視65人
【レポ】
伝票番号18番。
昨日の嬢レベルが高かったので、連日の訪問。
今日も平均レベルは高いが、似たり寄ったりの同レベル嬢が多くて、ドリンク進呈には至らず。


【鬱陶しい「トイレ兄ちゃん」が登場】
【日時】
2020/8/12(水) 22:00
【ダンサー数】
目視42人
【レポ】
伝票番号25番。
7月訪問時は嬢数がナナプラザトップレベルで印象が良く、連日の訪問となった。

もう再開から一か月以上が経過し、在住者の「ゴーゴーバー行きてー」感はとっくに無くなっている。
と同時に、嬢達の「客いない」感は強まるばかり。
客は常時6-8人。一人を除き全員ファラン。
雨模様の水曜日にこれだけの嬢と客がいれば立派。

気弱なカモからチップをむしり取ることのみを考える「トイレ兄ちゃん」が登場。
コロナ対策にも反する行為でマイナス評価。


【嬢数はレインボー5に遠く及ばない】
【日時】
2020/8/29(土) 21:50
【ダンサー数】
目視47人
【レポ】
伝票番号37番。
2チームで、サイドステージのトップレス14人、センターステージ33人。
今日のレベルと客入りはレインボー5に対抗できるが、嬢数はレインボー5に遠く及ばない。


★その他のバンコクゴーゴーバーリスト